ワールドカップ ファイナルドロー メディア対応型ガイドブック及び CD−ROMの制作
株式会社電通 マルチメディア

韓国・ソウルで行われた「2002FIFAワールドカップTM Korea/Japan」ファイナルドローにおいて、世界中のメディアに対して大分県を紹介するガイドブックとCD−ROM(ともに英語版)を制作しました。また、大会前にはフランス語・イタリア語・スペイン語のガイドブックも追加制作しました。


ガイドブックは日本語と各国語(英・仏・伊・西)を併記。大分県のワールドカップへの取り組みや試合会場となる大分スタジアム「ビッグアイ」の概要、大分県の歴史や地勢、観光スポットや特産品などを網羅、大分を知ってもらうには最適の内容になっています。
 
CD−ROMは日本語と英語に対応。また盤面デザインは、ワールドカップ大分開催の会場となる「ビッグアイ」をモチーフにし、インパクトとPR効果を狙いました。

CD-ROMの内容は、大分スタジアム「ビッグアイ」の動画での紹介やアクセス案内、大分県内の観光地紹介写真集、大分の観光ダイジェストなどで、音とヴィジュアルによって大分を印象深く知る事ができる内容になっています。また、関連サイトへのリンクも設け、最新情報が欲しい閲覧者にも配慮しました。