「大分駅周辺希望誘導空間構想発表並びに記念シンポジウム」企画運営
大分市都市計画部駅周辺総合整備課 式典

大分駅の高架化に伴う大分駅南地区の移動空間構想の発表会が、大分県立総合文化センター・グランシアタにて開催されました。
磯崎氏の記念講演とともにその構想模型も発表。多くの聴衆で会場は満員となりました。


発表式典の中では、多くの観衆・マスコミが見守る中、世界的建築家の磯崎新氏が構想模型を発表しました。
会場前方に現れた巨大模型のまわりは、式典終了後も多くの人が集まり、その精巧な模型に見入っていました。
 
パネリストには著名な講師陣が集合。今後の大分駅南地区の活用方法について、積極的な意見交換が行われました。

開催当日は、プログラムとともにアンケート用紙を配布。
会場出口で回収し、その後集計作業を行ないました。
今後の大分駅南地区について、様々な意見が寄せられました。
 
開催終了後、当日のようすや講演の内容を収めた報告書を制作しました。

事前告知のためのポスターや、当日会場で配布するプログラムを制作しました。
また当日来場者に配布する、ロゴマークの入ったボールペンとビニールホルダーも制作しました。
 
シンポジウムの開催終了を、ホームページ上で報告しました。当日の式典の模様や、講演の内容を掲載しています。
また、意見を投稿できるようにもなっており、当日来場できなかった人も後日参画できるよう配慮されています。

関連リンク

式典のオープニングでは、スクリーンを使ってビデオ上映が行なわれました。
緑溢れる若々しいイメージのビデオは、オープニングを明るく演出しました。