大分県ヘルスツーリズム推進事業
大分県ヘルシーカンパニー支援事業コンソーシアム 調査・企画

近年、企業における従業員の健康対策進んでいることを受け、大分県内4団体(NPO法人ハットウ・オンパク、株式会社JTB九州、竹田市観光ツーリズム協会、株式会社マイダスコミュニケーション)が大分県型ヘルシーカンパニー支援システム確立に向けて取り組みをスタートさせました。
大分県からの補助を受け、「ヘルスツーリズム(健康旅行)」を確立し、その流通基盤を整備することを目的とするプロジェクトに取り組みました。


「ヘルスツーリズム(健康旅行)」とは、健康増進が図られる旅行のことです。例えば、健康状態をチェックし、専門家による食事や生活習慣に関するアドバイス・指導を受けることができる旅行などです。
今回は、「企業受容性把握調査」として企業等における健康増進施策や、ヘルスツーリズムへの関心などを調査し、会議で報告しました。
 
竹田長湯・別府の観光・健康素材を確認し、その可能性を検討するため、「仮説プログラム」を構築し、委員によるプログラム検証を実施しました。
また、関連事業者等における類似事業の状況、連携の可能性などを把握するため、旅行関係事業者や組合団体、医療健康関連事業者にご協力いただきインタビュー調査も実施しました。

企業受容性把握調査、インタビューについては結果集計し、表やグラフ、一覧表として取りまとめしました。
 
事業結果として報告書をとりまとめ、大分県に報告しました。

長湯温泉エリア・別府エリアの地域活動団体関係者や、コンソーシアム構成員、有識者などが参加し、両エリアで検討会議が開催されました。
各地域での取組事例の紹介や、今後に向けての展開手法など、活発な意見交換がなされました。
 
「ヘルシーカンパニー」とは、従業員の健康管理を経営管理の一環に位置づけ、事業の収益拡大や活性化、医療負担の軽減を積極的に目指す考え方を包含した企業の総合的な健康増進活動概念です。
「ヘルシーカンパニー推進セミナー」開催を通して、企業の受容性、及び課題を企業経営者や福利厚生担当者などと、双方向での議論、検討を行ないました。

事業推進に向けた制作物の準備、「ヘルシーカンパニー推進セミナー」プレスリリース配信など、バックアップ作業を行なっています。