「インターネットによる電子商取引に関する実態調査」の実施
財団法人福岡県中小企業振興センター 調査・企画

近年注目を集める電子商取引。その電子商取引の福岡県内企業における実態把握を目的としたアンケート調査が実施されました。
福岡県内の中小企業を対象とした約千社にアンケート用紙が郵送され、選択肢形式による回答を収集し、集計分析後、報告書を作成しました。


調査計画を立案し、スケジュール立案、調査項目、設問設定を行ないました。
 
設問設定に基づいて、回答用紙の設計を行ないました。
記入者が回答しやすいよう、記号選択による回答形式としました。

回収されたアンケート用紙のデータを入力、クロス集計を行ないました。
また集計結果に基づき、必要に応じてグラフを作成しました。
 
集計データに基づき分析を実施、そのコメント作成を行ないました。
また、それらの結果を報告書として編纂しました。